読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

re-union

あちこちのブログ、HPに書きちらかしたエントリを一本化。

コンビニ店員が芥川賞受賞作『コンビニ人間』を読んだ。

f:id:tetuhn:20161213182819j:plain

 

 ライター稼業だけでは食っていけないので近所のコンビニで深夜バイトを始め、そろそろ2年。やっぱり夜明けは眠た~い~な~♪

 

 昼夜にわたるダブルワークの疲れで読書からも遠ざかりがちだが、聞けば今度の芥川賞受賞作はコンビニが舞台らしい。

 

 しかも作者自身、長年コンビニでのバイトを続けているという。おっと、これは同業者ではないか。(文章書いて食ってるという意味でもコンビニバイトという意味でも)。

 

 ということで非常に興味深く『コンビニ人間』を手にとった。(以下ネタバレあり)

 

バレバレバレバレバレ~~~~~~⤵ 

 

 一読して「えーっ、これが芥川賞?」と意外な感じを受けた。

 

 芥川賞といえば、その年の新人「ブンガク」作家の最高峰といわれる賞。

 

 「ブンガク」とは難解なもの、よって芥川賞を獲ったブンガク作品というのは、ちょっと僕ら凡人には理解にあまるもの、というイメージがある。

 

 そういう意味では本作品は、芥川賞作品とは思えないほど「とっつきやすい」。

 

 文体も平易、登場人物のかわす会話も日常のやりとりそのもので、ほとんどテレビドラマのセリフのようだ。

 

 設定からしてよくある「お仕事もの」みたいだし、後半の恋愛やセックス抜きの男女の同居も、独身女性あたりをターゲットにしたドラマでなどでよくあるパターンだ。

 

 まあブンガクは難解という先入観を取っ払う役目ははたしているかもしれない。もすこしエンタメ性が強ければ(コンビニにありがちなドジ話とか小ネタを仕込んで読者サービスに努めるとかすれば)芥川賞よりも直木賞候補にふさわしい作品だったかもしれん。受賞するかどうかは別として。

 

 分かりやすい文章はけして悪くないとして、かんじんのコンビニ内の描写も食い足りない。

 

 僕も深夜から朝までコンビニで働いてるが、この作品に描かれている仕事風景と較べると、その印象がまるで異なるのが興味深かった。この違いは夜勤と昼間勤務の差かもしれない。

 

 同業者の立場で言わせてもらうと(文筆じゃなくてコンビニの方ね)、コンビニのバイトって他の仕事にない面白さとかユニークさがもっといっぱいあるんじゃないかって気がするわけ。そういうところをもっと書いてほしくてそれがちょっと残念だった。これじゃ他の仕事とあまり差はなく、舞台をわざわざコンビニに選んだ必然性が感じられない。

 

 たしかに専門用語や小道具も随所に出てくるけど、ほとんど説明抜きなので、コンビニに詳しくない人が読むとちょっとイメージがわかないかもしれない。(たとえば「から揚げ棒」にしても、どんな食べ物なのかまったく説明や描写がなかったりする)。文学作品(=非エンタメ)って、こういうディテール描写や表現の斬新さがキモだと思うんだが。

 

 ま、「わかりやすく懇切丁寧に説明するのってダッサいしぃ~、あえて細かく説明しないほうがプロっぽくてカッコよくない?」的な手法なのかもしれん。どっちがいいか、このへんは意見が分かれるところだ。

 

 では本作品の芥川賞に値する「ブンガク」っぽさはどこなのかについて考えてみるのですが、

 

 作中にひんぱんに「私は社会の部品」だの「異端を排除するムラ社会」といったフレーズが登場する。こういうのが文学的なのかもしれないが、正直、べつだん新しさは感じない。そういうことをテーマにした小説はエンタメも含めてもう山のようにある。そこまで絶賛されるほどのものだろうか。

 まあ、ちょっと新鮮かなーと思えるのは、その社会の部品とか異端の排除について、かつての純ブンガクだったらウジウジと深刻に悩むところを、本作の主人公はむしろライトに肯定してしまうところだろう。

 

 ただ、主人公がコンビニにこだわる理由として、社会にうまくコミットするためのやむをえない処世術としてコンビニ店員の仮面をつけているのか、あるいはコンビニの仕事そのものに自己実現的な充実感を感じているのか、そのへんをもう少し掘り下げてほしかった。僕の読んだ印象では後者が強いようにも感じたが、それではよくある「お仕事小説」と大差ないような……。

 

 主人公と同居する元同僚の男性の方もちょっと動機に一貫性がなくて、

 はじめは主人公から同居話をもちかけられ、あまり気が進まないままズルズルと一緒に暮らし始めるのだが、仕事もせずにヒモ状態を続けながら途中から「俺は全女性に復讐するためにこのライフスタイルを選んだのだ」と豪語し始める。このへんがやや唐突だ。コンビニ店員してたときは客の女性にストーカーして店をクビになったのに。女嫌いなのか女好きなのか、それともフラれて女嫌いになったのか。 ま、人間の動機なんていつもいつも一貫してるわけでもないだろうが。

 

 ついでに付け加えると、この同居人は主人公の部屋で異常とも思える行動をとるのだが、一応きちんとした理由があって、ワケを聞いてみると「な~んだ」という程度のものであった。この男性の行動の部分だけを紹介して、いかにも現代人の異常心理を表現してるように持ち上げた某番組もあったが。

 

 はじめにも書いたが、軽く読めるので、ふだんブンガクを食わず嫌いしている方々でも読みこなせると思います。ブンガクの権威が堕ちつつあるこの時代、芥川賞も生き残りをかけてラノベ化にシフトしているのかもしれまへん。

 

 実際にコンビニに勤務している著者は、芥川賞受賞が決まって店の同僚や常連客のあいだでも話題になっているそうで、非常におめでたいことであります。

 作中でも主人公が男と住んでることが発覚し、仕事仲間のあいだで話題の的になるくだりがあり、文学賞を獲って一躍メジャーになった著者に奇妙に符合する。「ブンガク」と「オトコ」な同義なのかもね。

 

 

 さあ、今夜もコンビニで夜勤だー!

訃報。

f:id:tetuhn:20160514092801j:plain

プリンスが亡くなった。まだ57歳、現役バリバリの年だ。
去年の終わりごろから大物ミュージシャンの訃報が相次いでいる。
ざっと思い出すだけでもデビッド・ボウイ、元イーグルのグレン・フライ、プログレッシブ・ロックキース・エマーソン、ブラック・ミュージックではモーリス・ホワイト、ミュージシャンではないが5人目のビートルズと言われたプロデューサー、ジョージ・マーティンも。洋楽番組では、毎回のように誰かの追悼特集をやっている。
ま、トシがトシだからしょうがない。確かなのは、ロックがもう若者の音楽ではないということだ。そんなの、とっくの昔からか。
ロッカーといえばアルコールやドラッグ漬けの不健康な暮らしのあげく若くして死ぬというのがこれまでのパターンだったが、皆さんけっこう高齢になるまで生き抜いている。
デビッド・ボウイは新作が出た直後の死だったので、びっくりさせられた。もしかして死期を悟って完成を急いだのかもしれない。
個人的には有名ミュージシャンが亡くなった時でも、その音楽を繰り返し聴いたり、作品を新たに購入したり、追悼の思いをSNS上で表したりはしないほうだ。
彼らの創り出した音楽が残っていれば、それでいいような気もする。ちょっと冷たいような気もするが。
近所のショッピングモールへ来たついでにCD屋をのぞいてみる。さすがにまだプリンス追悼コーナーはできていなかった。
これからいろんな音楽番組でプリンスの曲がヘビロテされるんだろうな。
そして潮が引いていくように忘れられていくんだろう。

昭和歌謡が受け継がれる場所(テレビの感想)。

 先週だかNHKの『ドキュメント72時間』という番組で
 昭和歌謡専門の中古レコード店に集まる人々のウォッチングをやっていて、
 その中古レコード店が以前よく行ってた新宿のディスクユニオンだった。
 ディスクユニオンは中古レコード、CD販売の大手で、新宿だけでも何店舗もあって、ひとつのビルの各フロアに違う店が入ってたりする。
 それぞれ店ごとにロック、ソウル、ジャズ、クラシックなど取り扱うジャンルが別れているのだが、 昭和歌謡専門の店ができてたのは知らなかった。
 最近はお茶の水の店によく行ってる。ここは洋楽邦楽取り扱っているほか古本も充実している。

 さて、番組は3日間店に張り込んで、やってくるお客にインタビューを試みるのだが、いやー、なかなか濃いキャラのお客が多かった。
 中古レコード屋なんて日常ごく当たり前に入ってるので、そんなに変わった人が集まる場所という印象もないが、
 昭和歌謡というのはまた特別なジャンルなのだろうか。まあ番組でもたくさんの客に取材した中からとびきり変わった人(失礼)をピックアップしてるのだろうが。
 昭和に流行した曲なので買いに来る客もわりと年輩の方が多く、カメラの前で曲にまつわる思い出などを語ったりする。
 それらを聞いてると僕もいろんなCDを買い漁っているけど、この人たちみたいな思い入れはないなーとうらやましさとちょっと寂しい気持ちの両方を感じる。
 たとえば自分が店で中古CDを探してるとき突然カメラを向けられたとしたら、いったい何を話せばいいのだろう。 

★ 

 あるお客は岡田有希子のファンで、彼女のLPを前に思いを語っていた。   おそらく僕と同世代だろう。彼女が死んだとき、他の多くの熱狂的ファンたちのように自分もあとを追おうと考えたりしたことはあったのだろうか。
 彼女がこの世を去って30年。この男性がその後どんな人生を生きてきたのか気になった。   ★
 まあ実際のところ中古レコード・CD屋には年配の人ばかりが集まってるわけじゃなく、10代や20代だって普通にいる。
 番組でも静岡在住の17歳の高校生にインタビューしていた。彼は土日を利用して泊りがけで東京へ出てきて、コンサート(南野陽子!)を観たあと中古レコードを買いに寄り、一泊して明日はアニメ映画を観て帰るそうだ。
 お金も持ってるし遊び方も慣れててサブカル知識を豊富。自分が17歳だったころとは大違いだなーと思わされる。   ま、たんなるオヤジのひがみだが、当時をリアルタイムで体験していると、曲や歌手と時代との相関関係が大ざっぱにはつかめている。情報やデータとしてではなく、ナマの体験として自分の中に残っている。   そういったものを持たずにアマゾンのリストを参考にまとめてカートに入れたり、iTunesでアルバムからヒット曲だけバラで買ったりしているのは、ちょっとつまらないかもなーと思ったりもする。やっぱりそのへんはリアルタイムで経験してるオヤジのほうが一歩リードしてるかなあと。   でも、流行歌(に限らず本や映画、TVドラマなどカルチャー全般)は、そんなふうに時代のバックグラウンドを抜きにして純粋に曲の良さだけを楽しむのもありかもしれない。  僕が半分うんざりしながらクズみたいな古本や昔のCDを買い続け、古い映画を観続けるのも、個人的な思い入れからではなく、そういうカルチャーの全体像を把握したいという思いがあるからかもな。なんちゃってそれほどディープでマニアックな知識もありませんけど。
★   番組の最後に、二十代のフリーターの女の子が「ジャケットの感じがかわいいから」といって選んだのは高橋良明のアナログ盤だった。   彼女はこのアイドル俳優が人気絶頂の20代なかば、彼女と同じくらいの年にバイクの事故でこの世を去っていることを多分知らないだろう。岡田有希子の自殺ほどセンセーショナルには語り継がれていないから。   遺伝子のように後世に受け継がれていくカルチャーたち。レコードや書籍といった形で残っていくカルチャーがあるように、きっと僕の中にも無形の遺伝子が蓄えられているのだろう。

懐かしフォークから最新Jポップまで音楽遺産の宝庫!「オールナイトニッポンALIVE ~ヒットこそすべて~」

f:id:tetuhn:20160514093641j:plain

 

 

 3/1、武道館で行われたライブ『オールナイトニッポンALIVE ~ヒットこそすべて~ 』を観てきた。フジパシフィック音楽出版創立50周年を記念し多くのアーティストが出演するイベントだ。

 

なんといっても参加メンバーがすごい。五十音順に、泉谷しげる稲垣潤一・宇崎竜童・ウルフルズ・EPO・小田和正きたやまおさむ坂崎幸之助・Superfly・鈴木雅之平松愛理藤井フミヤ。敬称略が失礼すぎるような、そうそうたる面々だ。

 

 オープニング、ステージ上には昔懐かしいラジカセ(ラジオ・カセット・テープレコーダー。ラジオとカセットテープが両方聴けて録音もできる機械です)がピンスポットに浮かび上がる。
 ラジオの深夜放送に若者たちがじっと耳を傾けていた時代をしのぶようなナレーションに続きアコギの音色が会場を満たす。日本のフォークソングの原点といえるザ・フォーク・クルセダーズ「帰ってきたヨッパライ」のイントロ。演奏するのはアルフィー坂崎幸之助氏とフォークルの一員だったきたやまおさむ氏のコンビだ。

 

 その後も次から次へとビッグネームが登場する。単独ライブですべて見ようとしたらとんでもなくお金がかかるだろう。それがまとめて見れるのだからお得感いっぱいだ。

 

イベントとしてはフジパシフィック50周年記念の色合いが強く、タイトルにオールナイトニッポンとうたってるのはちょっと?な気もしたが、会社の黎明期にはレコーディングにニッポン放送のスタジオも使われていたというから、これはこれでいいのかも。

 

 70年代のフォークから80年代のニュー・ミュージックを経て90年代以降のJポップまで、ほぼ時代の流れに沿ったステージ構成。まるで日本の音楽史に立ち会っているようだ。これみんな、フジパシフィックが管理する曲なのか。失礼ながら楽曲の使用料だけでそうとうな稼ぎになるだろう。まさに音楽遺産だ。

 

 音楽出版社というのは音楽雑誌を出している会社ではない。何をやってる会社かというと、僕も詳しくは知らないのだが、楽曲の権利を管理するのがおもな仕事らしい(レコード会社やアーティストの事務所が版権の管理を兼ねているところもある)。意外と地味でおカタい業務なのではないだろうか。

 

今回参加したアーティストたちも所属先はそろぞれ違うが曲の管理はフジパシフィックにお任せしてて、その関係で今回、一堂に会したという感じだ(坂崎氏だけはフジパシと縁もゆかりもないのに呼ばれたといっていた。氏のフォークに対する愛情と人徳だろう)。
 みな1曲か2曲やってすぐに引っ込んでしまい、どことなく仕事上のつきあいで顔を出してる雰囲気がないでもない。顔ぶれがすごいだけに「あーもっと聴きたい!」とフラストレーションがたまりそうだ。
 出演者はみな曲間のMCで「フジパシフィック音楽出版50周年おめでとうございます」とお祝いのあいさつを述べ、なんだか業界のパーティーに出席してるみたいだ。

 

 大瀧詠一加藤和彦を偲ぶコーナーを途中にはさみながらコンサートはいよいよ佳境。ウルフルズやSuperfryなど最近のバンドの登場で客席も盛り上がる。

 

始めて観たウルフルズウルフルケイスケのステージアクションがかっこよかった。トータス松本は気のせいか、ちょっと元気ないように見えた。MCで「今日は大物ぞろいで自分なんかペーペーもいいところ。後輩はSuperflyしかいない」とこぼしていた。元気なく見えたのは大先輩ばかりで委縮してたのかな? 

 

50代のウルフルズと1984年生まれの越智志帆が所属するSuperfryのあいだに誰もいないってことはJポップ界は30代、40代の人材が手薄ってことを意味するのだろうか。んなこともないだろうけど。

 

きたやまおさむ氏がステージで「かつてのフォークはアマチュアっぽかったがいまは、演奏もうまくてプロみたいだ」みたいなことを語っていた。

れっきとしたプロがやってるのだから矛盾した発言にも聞こえるが、言われてみればたしかにむかしのフォークはプロっぽく完成されてないところに存在理由があったかもしれない。

半世紀のあいだに曲や演奏は洗練され、より「商品」として完成度を増したが、それはいいことだったんだろうか。かつてのフォークルの曲「こぶのないらくだ」が最近のヒットよりもずっと新鮮に聴こえた不思議。

 

フィナーレは出演者全員で「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌ったが、最初の方で「春夏秋冬」1曲演ったあと「俺はもう帰る」といってギターを放り出してった泉谷しげる氏は、ほんとに現れなかった。まあ泉谷さんらしくていいかw

 

全体のラインナップを見ると、素朴でおとなしめな昔のフォークからサウンドも派手な最近のヒットまで、幕の内弁当的というか多少バラつき感は否めない。

お客の側も年代層が広く、懐かしのフォークが目当ての人、ウルフルズやSuperflyで盛り上がりたい人、とさまざまなので、未知のジャンルやアーティストの曲には若干ノリきれてなかったようだ。

 いずれにせよ半世紀を越えた日本のポップスは大いなる遺産。終演後、会場に流れるビタースイート・サンバ(説明不要のオールナイトニッポンのテーマ)を聴きながら、リスペクトの思いを新たにした。

活躍ってなんだ?

 「幼稚園落ちた。日本死ね」というネット上の投稿が波紋を呼び、子育て中の母親たちが国会にデモに押しかけたりなどの動きに発展している。

 

 育児のため仕事をやめざるをえないというブログの内容に共感の声が寄せられる一方、「ちょっと言い過ぎではいか」みたいな批判も集まっているようだ。

 

 感情むき出しで論理なんかすっ飛ばしたこの文章、僕自身はけっこう好きだ。「幼稚園落ちた」から「日本死ね」にストレートにつながる飛躍っぷりも痛快で気持ちいい。

 

 ただ気になったのは「子どもを幼稚園にあずけないと自分は活躍できない」とするブログの論旨で、

 

 わが子を自分の力で育てることは、その人にとって活躍のうちに入らないのかな、と思ってしまう。

 

 でもこれだけ賛同の声が集まるということは、世間の人の多くは「子育ては活躍ではない」と思っているのだろう。

 

 じゃ活躍っていったいどういうことなんだろうと考えてしまうわけで。

 

 この言葉のもとは、もちろん例の「一億総活躍」とかいう政府のスローガンだ。何を意味してるのかよく分からないとヤユもされてるが、やはりこの「活躍」というキーワードは人の心を引きつけるのだろう。

 

「活躍」=「平凡で退屈な日常の繰り返しではなく毎日がキラキラ輝いて充実している様子」をイメージさせる。

 

 さらに言えば政府の提唱する「活躍」には、景気活性、つまりカネを生み出すという意味合いも含まれてるように感じられる。一銭のゼニにもならないことを必死にがんばってる姿を「活躍」と呼ぶ人は少ないのではないか。最近はボランティアも盛んだけど、これもその目的は地域活性だったりNPO法人化したり、つまりはおカネと結びつくものが多い。

 

 なので世間的には「活躍」=「カネ(プラス人気や名声も)が手に入ること」だという解釈がごく当たり前なのでしょう。だから子育て=会社やめる=活躍できないの三段論法を多くの人が受け入れるわけで。

 

 まあむかしから家事や子育てはカネにならない仕事、シャドウワークなんて言われておりましたが。

 

 べつに僕は「女性は仕事なんかしないで子育てに専念すべきだ」と思ってるわけではありません。ただ男女問わず「子育てだって活躍のひとつじゃないのかなあ」という気がするわけで。最近は「イクメン」だって脚光を浴びてるわけだし。ま、子どもいない人間が口出しすることじゃないかもですね。


 待機児童問題にすり替えられそうなこの話題、もう一度「活躍」って何だろうと考えてみたいです。

 

1本の木。

f:id:tetuhn:20160514094512j:plain

 

 過疎がすすんで住む人がいなくなりかけてる山奥の村などを「限界集落」と呼ぶが、

 

最近では街なかでも、住人が減少し空き家が増えている地域を「限界宅地」と呼ぶらしい。

 

ぼくんちの周囲でも少し駅から離れた場所は無人の家屋が目立ち、まさに限界宅地化がじわじわと始まっている。

 

空き家の中には比較的新しくてきれいなものも多く、外からちらっと見ただけでは無人だと気づかない物件も多い。

 

それがなんの前触れもなくあっという間に取り壊され、何もない更地になる。ふだん近所づきあいの少ないぼくなんかは、そうなって初めて「ああ、あの家、空き家だったんだ」と気づかされることもしばしば。見馴れていた建物がある日とつぜん消え失せる。これは軽いショックだ。

 

さいきん法律が変わって、所有する家屋を無人のまま放置しておくと税金がよけいにかかったりするらしい。なのでよけいに空き家の取り壊しが増えているのかもしれない。

 

今日、近所を歩いていてまたひとつ、あらたに家が撤去された一角を見つけた。

 

もうすっかり慣れっこになってはいるが、それでもやっぱりちょっと驚く。それまではまさか空き家だとは思わず、毎日のようにその家の前を行き来していたのだから。

 

家のあった場所は草一本ない、平らにならしたさら地になっている。

 

ただ、よく目にするさら地と違っていたのは、そこに木が一本、立っていたことだ。

 

幹もかなり太くて、どこからか若木を運んできて植えたという感じではない。きっとだいぶ以前からこの場所に根を下ろしていたものだろう。

 

家主だった人が、建物は撤去してもこの木だけは伐らずに残していったのだろうか。一家が住んでいた証を残すために、記念樹のように。

 

古い家が取り払われた場所は、それまでより見通しがよくなって、意外とすっきりした清々しい風景に見えた。

 

住む人が減るのは寂しいことかもしれないが、これはこれでいいんじゃないかと青空の下、誇らしげに立っている一本の木を見ながら思った。

 

(写真はフリー画像http://photo.hokkaido-blog.com/。本文とは関係ありません)

人生初の格闘技観戦!

 
人生初の格闘技観戦をしてきた。

地元の公共施設で行われた「DRAGON GATE」という団体の興行だ。

ふだんは真面目なお役所系の催しが多い場所での開催はちょっと場違いにも思えたが。

会場へ入ると、いつもは地味な特産品市なんかをやっているスペースの中央に四角いリングが。おお、草も木もない白いマットのジャングルだ(Byタイガーマスク)。

お客はこわそーなオッサンばかりかと思ったが、意外に20~30代が中心だった。女性の姿も目立つ。地元ばかりじゃなく、団体を追っかけてよそから来てるファンも多いのだろう。

リング上でMCの人がレフェリー紹介などを始め、レスラーたちが姿を見せる。みな気さくな感じで「〇〇さーん!」という客席からの声援にこたえている。

第1ラウンドのゴングを鳴らしたのは会場から選ばれた小学生の男の子。こんなところも一般受けを考えているようだ。

 

試合が始まる。激しくぶつかりあう鍛え上げた肉体の男たち。

意外に笑わせる要素も多い。というより、おもいきり笑いをとりにいっている。相手を挑発する言葉もギャグがまじってたり、女装のレスラーが相手の顔にセップンをかましたり。お約束のネタらしく客席も大ウケだ。ま、団体によってお笑い系だったりガチンコ勝負がウリだったり、それぞれ特色があるのだろう。

それにしてもスピード感はすごい。次から次へたがいにワザをかけあい、攻守が反転する。ロープを使って跳んだり支柱の上からジャンプしたり、レスラーのみなさん身が軽い軽い。リズム感やテンポ、身体表現などもどこかダンサーと共通する部分がある。

プロレスというのはある程度、虚構の演技性がつきものと言われており、まあ事前に試合の流れやワザの手順などもある程度打ち合わせてはいるのだろう。にしても段取りひとつ間違えれば大ケガする。そういう意味では真剣勝負だ。

 

第2、第3ラウンドとレスラーが入場、退場のたびに流れる大音響のロックサウンド。たぶんB'zかなにかの曲だ。振り返るとすぐ後ろに大型スピーカー。そして長テーブルが置かれ、Tシャツやパンフ、トートバッグが並べられ、物販コーナーができている。

試合の合間にレスラーのみなさんがサイン会や手売りをしていた。これも団体の重要な収入源なのだろう。間近で見てもものすごい筋肉美だ。


 

すべての対戦が行われたあと、リング上でレスラーたちの観客へのあいさつ、フリートークみたいなコーナーになる。

マスクで顔を覆ったひとりのレスラーさんは40歳の誕生日を迎えたばかりだという。46歳だという方もいて、人間、鍛えてればいくつになってもこれだけ動けるんだなと感心した。僕もサボらす真面目にジムへ通うことにしよう。いまからレスラーめざすわけじゃないけど。

翌日は後楽園ホールで興行があるらしい。ファンの人たちはまた追っかけてくんだろうな。

いろいろ発見の多かった人生初のナマ格闘技であった。笑いあり激しいアクションあり、そして和気あいあいとした雰囲気につつまれていた。

20代のころデパート屋上の仮面ライダーショーのバイトで戦闘員の役をやり、黒タイツ姿でボコボコに殴られたり蹴られたりしていた楽しい日々をちょっとばかり思い出した。