re-union

あちこちのブログ、HPに書きちらかしたエントリを一本化。

『SR サイタマノラッパー』

埼玉にラッパー、ううむ、似合わん。

いや、現実に埼玉県在住でヒップホップ系の音楽をやってる方々は

たくさんいるだろうけど。

同じ埼玉に住んでる人間から言わせてもらうと、

ここはあまりに日常過ぎて、そういうカッコいいことが似合わない土地なのだ。

この映画に登場するラッパー三人組もBボーイ系のファッションをキメてはいるが、

なんかイマイチな感じが拭えない。

しかもロケーションはネギ畑ばかりが広がる退屈な風景ときてる。

これは僕の生きてる場所と地つながりだし、彼ら3人の姿には自分自身がダブる。

うーん、哀しいなー、地方のセーシュンは・・・。

都会は近そうで実は遠い場所。

JRの線路でつながってるようだが、そこには見えない精神の段差が存在する。

上りの電車で去っていくヒロインと、彼女をイシキしている主人公。

両者のあいだにある越えられないミゾのように。

笑わせるのは「若者たちの声を聞こう」という大人たちの集まりに3人が若者代表として呼ばれるシーン。

彼らと大人たちのどうにも噛みあわない感じ。

しょせんオトナには分かるわけないのだ、小さな町に閉じ込められ、ここではないどこかを夢見る者のキモチは。

この映画、第2弾では群馬の女子高生ラッパー軍団とバトルを繰り広げ、

現在、撮影進行中の第3作では、なんと3Dになるらしい。完成が楽しみだ。

9月25日、大量のエキストラを集めてのロケがあるらしい。

本気で撮影地の深谷まで出かけようかと考えた。ウチから車で2、3時間はかかるけど(仕事が入って断念)。

ご当地ムービーというのは、けして郷土自慢ばかりじゃないのだ。