読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

re-union

あちこちのブログ、HPに書きちらかしたエントリを一本化。

「愛着はあっても執着はしない」~聖なる夜の沢木耕太郎のラジオ。

50/50

f:id:tetuhn:20160514101230j:plain

クリスマス・イブの夜(正確にはもう25日になってたけど)、J-WAVEの沢木幸太郎がパーソナリティーをつとめるスペシャル番組を聴いていた。

 

番組名は『MIDNIGHT EXPRESS~天涯へ』。はじめて聴いたのだが、毎年クリスマスの夜に放送され、今年で19回目にもなる定番番組らしい。

 

内容はノンフィクション作家・沢木耕太郎氏が自身の旅や仕事について語り、ときには電話でリスナーとも語り合うハートウォーミングなもの。聖夜にふさわしい心穏やかになれる番組だった。

 

10年近く前に講演で沢木氏の生の声を拝聴したこともあるが

 

久しぶりにラジオで聴いても相変わらずソフトで若々しい語り口で

 

リスナーの方々のいうようにいつまでも青年ぽさを失わない人だなと感じさせられた。

 

番組の中で沢木さんは、1000円ぐらいの安い腕時計をテープで補修して使っているとユーモアをまじえて語っていたが

 

あまりモノにはこだわらない人らしく、こんな発言もあった。「愛着はあるけれど執着はしない」

 

そうかー、愛着を持つこととそれに執着してしまうことはちがうのかー。

 

そしてこんなことも言っていた。「執着するものがなければ、それだけ自由になれる」

 

そうそう、たしかに長く生きてくると抱えてるものがいやでも少しずつ増えてくる。結局はそれが自分の自由を奪っているのだ。

 

このところ日々になんとなく閉塞感息感じていたのだが、そこから抜け出すヒントをもらったような気がした。2015年の終わりに自分の生活を見つめなおす貴重なひとときだった。

 

ラジコのサイト上にもリスナーの方々からのメッセージが次々とUPされ、さまざまな思を抱えた人たちが番組を聴いているのだなーと感じさせた。

 

以前、沢木氏はエッセイで、よその国へ出かけて日本へ帰る際、土産を買おうかどうしようか迷ったというエピソードを書いている。

 

おそらくもう2度と来ることはないかもしれない。旅の記念に、ごく平凡なTシャツを買おうとしたのだが、さんざん迷った末に結局は買わずに帰ってきたという。

 

思い出の品が少しずつ増えて人生が重くなっていくことを心のどこかで拒否しようとしたのにちがいない。その気持ちはわかるような気がする。

 

個人的には最近若くなくなったせいか、旅先で思い出の品をもとめるのも悪くないかなと思うようになった。沢木さん、いまでも旅先で思い出の品を買ったりはしないのかな。